ヂェン先生の日常着 【 2020年ポップアップ日程 】

>6月26日(金)- 7月5日(日)
MARKT+
長野県松本市中央2-20-2-2F

>7月3日(金)- 5日(日)
おかっぱちゃんハウス
東京都練馬区上石神井3-30-8

>7月10日(金)- 18日(土)
84はちよん
広島県広島市中区幟町7-10

>7月23日(木祝)- 8月16日(日)
A
愛知県名古屋市緑区ほら貝1-463-1
**7/23オープンのお店です。**

>8月7日(金)- 8月9日(日)
11-17時(最終日は16時まで)
timer の宿
佐賀県西松浦郡有田町下内野2440-4

>8月15日(土)- 8月18日(火)*17の月曜日はお休み
そらのもり
熊本県上益城郡御船町七滝5021

>8月23日(日)- 8月30日(日)
赤石商店
長野県伊那市東春近22-5

◎今後変更する可能性がございます。
詳細はインスタグラムにて
ご確認お願い致します。




ヂェン先生の日常着
「身体が求めている服は何だろう。」


デザイナーの鄭惠中(ヂェン・ホェヂョン)は

自分の身体が喜ぶ服を作るため洋服の製作を開始しました。

生地はUVカットや防シワなどの加工は取り入れず、

天然素材の綿と麻のみを使用しています。

台湾 台北郊外のアトリエにて

35年前から今も変わらぬ工程で

一枚ずつ丁寧に作られています。



-----------------

ヂェン先生の日常着
毎日ドラム缶程のサイズの小回りが効く染色機で、

一日12色、1週間で60色 違う色を染めています。

一日同じ水を使用し、そこへ染料を足したり足さなかったり。

水の色がほぼ透明になるまで染料を使い切り

洋服を染め上げます。

商品のすべての色が違う、一期一会の洋服達です。

..........

It's doesn't matter fashion or not-fashion.
There are so beautiful clothes our body can breathe deeply in Taiwan.

We use same processes to make clothes from 35years ago.
And each pieces are made so respectfully.
The store is going to sell the clothes so many different colors.
*
「I guess making clothes is just provide stuffs.
but my aim is to give some points to someone's heart and mind」


Please check out this beautiful clothes made by Huichung textiles company.
Thank you.
---

We use small dyeing machine like a drum can.
Every day 12times/one week 60times we can dye different colors.
We use same water all the day.

Sometimes put dyestuff,and sometimes not put just use the water remain dyestuff when we dyed before.
and keep using until the water color completely transparent.

It means each pieces are dyed quite little but different and these clothes have so beautiful colors like a gradation .

I'm still excited when I pick up the clothes just finish dyeing ,even though I've been here 5years.
*this photo was taken around 35 years before.

---



ヂェン先生の日常着 オンラインストアです。
送料全国一律550円。(11000円以上送料無料)
ーーー
通販ご希望のお客様へ
気になる商品、形、色などがございます場合は
ホームページのお問い合わせ もしくは taiwan.fudaoj@gmail.comまで直接ご連絡ください。
どうぞよろしくお願い致します。
ヂェン先生の日常着 福島